Q & A

”よくある質問”をまとめました。

参加について

狩猟免許がなくても参加できるの?
できます。
わなの設置(練習は可)や止めさし(見学は可)を実施することはできませんが、わなの見回りや鳥獣の運搬・解体、猟果の分配を得ることができます。
子どもを連れて参加できますか?
できます。
本会員様のお子さん(18歳未満)は3,000円(ワンシーズン価格)で参加することが可能です。
スポット会員で参加される場合も、同様の条件を満たしていれば、お子さんの参加が可能です。

価格・お支払い方法について

どのような支払い方法があるの?
クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、翌月後払い、Paypal、キャリア決済、楽天ペイ、Amazon Payがご選択いただけます。
分割払いはできますか?
できます。
支払い方法に『paidy』を選択していただき、paidyから支払い回数のご案内が届きます。
その際に分割払いをご選択ください。
参考:Paidyの使い方
会費5万円って高すぎない?
本会員の会費5万円に対して、「ちょっと高い」と思われるかもしれません。
免許を取得し、わな猟を実施するコストがどの程度かかるのかを、4点にわけて説明致します。

  • 免許や申請にかかるコスト
  • 道具を揃えるコスト
  • 場所を探すコスト
  • ノウハウを学ぶコスト

免許や申請にかかるコスト

免許取得や申請で、初年度かかる費用は¥40,500になります。

  • 免許や申請にかかるコスト狩猟免許取得…¥15,000
  • 猟友会…¥12,000
  • ハンター保険(わな)…¥5,300
  • 狩猟者登録に必要な費用…¥8,200

道具を揃えるコスト

くくり罠などを一式購入する場合は、最低でも¥10,000~のコストがかかります。

場所を探すコスト

わなを設置するためには、土地の所有者から許可を受けなければなりません。
金銭的なコストはあまりかかりませんが、許可を得るためには多くの時間と労力を必要とします。

ノウハウを学ぶコスト

一般的な現地講習会の相場は、平均¥10,000 / 日 になりますが、

  • アニマルトラッキング
  • わなの設置
  • 運搬・解体
  • ジビエ料理

アニマルトラッキングやわなの設置、解体などの内容も会費に含まれています。

サービス内容について

会員になったら、ジビエは必ず手に入るの?
”必ず”猟果を補償できるわけではないことをご了承下さい。
ただ、これまで獲物が1匹も獲れなかったという年はありません。月によってバラつきはありますが、なにかしらの猟果が手に入る見込みです。
猟果の分配って、大丈夫なの?
猟果の分配に金銭が発生しないのであれば、食品衛生法に抵触することはありません。
(保健所に確認済みです。)
会員にならずに個人で罠をかけちゃいけないの?
罠猟でとても難しい問題の1つが、地主さんとの交渉です。
罠をかける時は原則として、その山を管理する地主(公有林の場合は行政)に許可を受けなければなりません。
しかし罠猟師の多くは、無許可で私有地に罠をかける場合が多く、しばしば問題になっています。
また猟期中は、山に猟犬を放して狩猟をするハンターも多いので、あやまって猟犬を罠にかけてしまい問題になることも珍しくありません。
このようなトラブルが起こらないように、地主さんや猟友会などへ事前交渉をすることも、FUKUOKAわなシェアスタッフの重要なタスクです。
会員になったら何をしないといけないの?
狩猟免許を持っていない会員様は、捕獲した獲物の引き出しや解体、調理などをメインに手伝ってもらいます。やり方はスタッフが指導いたします。
また、工具を使って罠をつくったり、修理作業をすることも可能です。
集会には参加せず、猟果だけを分けてもらうってことはできませんか?

罠シェアリングでは、鳥獣の運搬や解体を会員で分担して行うのが原則です。
しかし、集会に毎回参加できない会員様でも、猟果の分配は受けられます。この場合、猟果は会員様が受け取りに来られるまで拠点で冷凍保存をしておく等の対応を致します。

お金を貰っている会員(スタッフ)はどんな作業をしているの?
スタッフに手当として報酬を支払っているのは、主に毎日の”見回り”や、集会の準備をするためです。
わな猟のルールでは、わなを掛けてからは毎日の見回りをしなければなりません。
また、鳥獣の解体準備や集会では多くの時間を必要とします。
そこで、スタッフと呼ばれる人たちには、グループ運営費から報酬を支払っています。

 

その他疑問やご質問などありましたら、お気軽にこちらよりお問い合わせください。

FUKUOKAわなシェア
タイトルとURLをコピーしました